六本木と歌舞伎町のキャバクラの店を比較

  キャバクラ志望の女の子が増えている事実!

キャバクラで働きたい!と考えている女の子の数は実は年々増えている、なんて話はみなさんも聞いた事があるのではないかなと思いますが、実際にはどうでしょうか。
答えはYES、若い子達を中心に、未だキャバクラブームが鳴り止まないというのが昨今の特徴と言えるかもしれません。
一時はキャバクラで働くことがステータスとなったり、将来なりたい職業としてランクインしていたこともあるほどです。

そんなキャバ嬢というお仕事ですが、実は地域によって特色が違うというのは意外と知られていなかったりします。
どの地域のどのお店に行っても同じように感じるかもしれませんが、結構違いがあるんですよね。
そこで、今回は東京の中でも高い人気を誇る2つのエリア『六本木と歌舞伎町のキャバクラ』に関して、その違いをざっくりとお伝えしたいと思います!

  キャバ嬢として働くのなら、自分に合ったエリアを選ぼう!

六本木と歌舞伎町、この2大人気エリアはよく比較対象として選ばれることがあるものです。
実際、お店に行って遊ぶ側としても歌舞伎町と六本木では、その遊び方やお店の使い方が違ったりするものです。



一般的な所で言えば、六本木エリアの方が全体的に高級志向であり、グレードの高いキャバクラがたくさんあると考えてもらえれば分かりやすいと思います。
例えば有名な作品”嬢王”というものが少し前にドラマになっていたのをご存知でしょうか。
あの作品の舞台は六本木の一流店でした。

一流のキャバクラで楽しみたい、そう考える人が集まるような場所が六本木なんです。
この界隈では芸能人や経営者層、政治家の方々もお客様に多く、キャバ嬢として働くためにはそれなりのモノを要求されることがあります。
容姿、品格、トークや気遣い、どれだけのお客様を引っ張って来られるか、そういった部分を見られる機会も多いのです。
そのため、嬢として頑張りたい人の多くが一度は憧れる場所と言えるかもしれません。

逆に、歌舞伎町のキャバクラは自分に合った地域として選ぶ方が多いでしょう。
ノリの良い接客等が通用しやすく、働きやすさは断然こちらの方が上、と感じる人も多いと思います。

その代わり、待遇等に雲泥の差がでる場合もありますので、やはりあくまでも皆さんの希望する条件、どういった所で働きたいのかなど、希望に応じて選ぶことが大切です。
どうしても初心者は歌舞伎町の求人に絞って探しがちですが、ぜひ六本木の店舗の求人も見て比較してみることをお勧めします。