待遇や働きやすさの比較

キャバクラ2大エリアとして有名な六本木と歌舞伎町ですが、この2エリアのどちらを選ぶかで悩んでいるみなさんはきっと待遇や働きやすさなどがどう違うの?というような疑問をもっているのではないでしょうか。

たしかに、どちらにしても“できるだけしっかり稼げる方がウレシイ”ですよね!
そこで、今回はそもそも働くエリアによってお給料に差があるの?という話と、じゃあ差があったとしたら、実際にはどういう違いがあるの?ということを一緒にお伝えしていければと思います!

  六本木のキャバクラでは?

高級店や有名店が立ち並び、いわゆるヒルズ族と呼ばれるような社会的ステータスが高い方々が数多く来店するエリアが六本木です。
必然的に客単価があがり、1時間で10万円を超えるような支払いも全然珍しくありません。



そんな六本木エリアですが、平均時給としてはおおよそ時給5000円から7000円前後のお店が多いのではないかと思います。
また、上限は天井知らずで、最低時給が10000円からというお店も決して少なくありません。

ただ、この界隈は頑張れば幾らでも稼げるかわりに、成果が出せないと時給が低下するペナルティを課しているお店などもあるので、どういったお店を選ぶのか、そこは気を付けた方がいいかもしれませんね。
歌舞伎町のキャバクラ求人と比べると、基本的にはお給料は高いイメージです。

  歌舞伎町のキャバクラでは?

全国でも屈指の有名なキャバクラ街と言えば歌舞伎町を思い浮かべる人も多いと思いますが、このエリアは一般的に“働きやすい”という評判が多いエリアとしても有名です。

酔っ払いのサラリーマンがたくさんいて面倒くさそう…というような気もしますが、実際にこの界隈で働いている女性からすればあまり気になるようなものでもないのだとか。
また、店舗は高級店もあれば気軽な感じで入れるカジュアルなお店もあり、トータルで見ると色々なお店が立ち並んでいます。



そういった街なわけですが、気になる平均給料はおおよそ時給3000円から5000円前後と言われています。
カジュアルな大衆店で3000円前後のお店が多く、高級店になると5000円前後のお店が増えてくるといった印象ですね!
自分にあったお店さえ見つかれば、好条件で働きやすいという特徴もあります。

また、実際には時給4000円以上をもらっている子が大半という話もありますので、思っているよりも結構稼げる街なのではないかと思います!
六本木のキャバクラ求人と比べるとやや時給などは下がりますが、待遇が良く働きやすいエリアなのではないかと思います。